何にしようか毎年悩む 義両親への誕生日プレゼント

今月末は、義父さんの誕生日。
毎年誕生日や父の日にはプレゼントを贈っているのですが、毎回何にするかに悩みます。

確実に我が家より良い暮らしをしているし、だいたいの物は既に持っていらっしゃる。
出会って数年の嫁の立場では、何をプレゼントすれば喜んで頂けるのかはナゾ…。

チビちゃんが産まれてからは、
「子供にお金がかかるし気を使わなくて良い」と言われました。
主人はもう止めたら良いと言いますが、そんな訳にもいかないと思っています。

主人の妹ちゃんはどうしているのかな?と思い、主人にお願いして聞いてもらいました。

やっぱり、毎年きちんと贈り物をしているとの返答。
今年も例年通りプレゼントすると言っていました。

それを聞いた主人
「やっぱり、我が家もしないとね!!」

悩んだ末にホテルのお食事券をプレゼントする事にしました。
チビちゃんの写真と一緒に贈る事にします♪

来月は義母さんの誕生日もあるので、今から何をプレゼントするか考えておかないと…。
良い嫁するのも大変だわ。http://www.infotrg.org/

ファストフード店先に行ったりお出かけしてた

行きたいところがあったので、お出かけしました。先に朝めしを食べていなかったので、朝めしを食べました。ファストフードサロンに行って食べました。目玉焼きがあるハンバーガーとハッシュポテトというのと水ものを頼みました。朝と昼からの食事は少々違うので、朝の食事は久しぶりに食べました。水ものはジュースを頼みました。美味しかっただ。ハンバーガーなどを食べている間にラジオを聞きながら次に、電車に乗ってお出かけしました。久しぶりにレンタルビデオ屋様に行って、借りたい写真があったので写真を借りに行きました。外国ドラマを借りました。一部始終借りたかったのですが、他の人に借りられてたのがあったので、一部始終は借りられませんでした。一部始終なかったので、よそにいらっしゃるおんなじレンタルビデオ屋様に行きました。そして、銀行に行きました。しかし通帳が入れられない辺りだったので、他のところに行きました。歩いて数分のところにあったので、そっちの銀行に行きました。アリシアクリニック 登録

ガス会社の経営者の愚痴をただひたすら聞いていた

小さいながらも、ガス会社を経営している方と話しました。
その方の会社に最近、税務調査が入りました。
儲かっていても、儲かっていなくても、税務署の調査が入るのは会社としても使命でもありますが、
過去の帳簿を調べられて、細かいミスなどを指摘されて、こちらも再度調べなければならず、とんでもなく面倒くさい作業ばかりだったそうです。

もともと事務作業など余り好きではないとのことで、
普段からあとで大変にならないようにやっておくようなのですが、
税務官の細かい計算とちょっとでも合わないと指摘を受けるそうです。
今回もそんな感じで、何回も注意をされたようで、嫌味っぽくも言われて、腹も立ったと話していました。
その度に、調査員との間に重苦しい空気が漂ったらしく、もうその重たい空気に耐え切れず、 何度か席を立ったとのことでした。
調査員の仕事も大変なんでしょうが、
余りの細さにびっくりもしてしまいました。
あまり休みもとらず、儲かってもないのに、
ただただ面倒が増え税金をとられることに怒りを覚えると、話していました。うなじ脱毛 ミュゼ

「行くべき」ではなく「休んでもいい」という考え方

地域差はありますが小中学校は夏休みが終わり2学期が始まります。
何かのテレビ番組で10代の子供達の自殺が一番多い時期というのが長期休暇明けなのだと専門家が言っているのを先日耳にしました。最近では「9月1日問題」と呼ばれることもあるこの現象は大人になって随分と経つ私でも子供達の気持ちがよく分かります。9月1日問題というのは日曜日の夕方になると憂鬱な気持ちになるサザエさん症候群、ゴールデンウィーク明けから無気力になってしまう五月病の酷い状態なのではないかと思うのですが、問題が深刻なのは子供達が自殺を選択してしまうという点です。

私は9月1日問題に直面してしまう子供達は責任感の強い子達なのだと思っています。

「学校に行きたくない気持ち」と「学校に行かなければいけないと思う気持ち」の板挟みになって苦しんでしまうのは、その子に強い責任感があるからなのです。ではなぜ学校に行かなければならない気持ちになるか?それは「学校に行くことが一番良い」と親も子供も思い込んでいるからです。ただ行くのがダルいだけというのは休む理由にはなりませんが、自殺を考えてしまうぐらいに行きたくない場所になってしまった「学校」は果たしてその子にとって「行っておくべき場所」なのでしょうか?個人的な見解ではありますが私はそうは思いません。自殺を選ぶぐらいなら行かなくてもいいのです。

これは子供達だけでなく仕事をしている大人にも言えることだと思います。

自分の命と今「しないといけないと思い込んでいること」のどちらが大切なのか。考えるまでもありません。心を病んでしまうほど辛く苦しいことなら逃げて良いのです。死ぬことに比べたらどれも大した事では無いし、生きてさえいればなんとかなります。

私達は死にそうなほど葛藤して苦しんでいる人に逃げ場を与えてあげられる考え方が出来るようにならないといけません。ミュゼ 100円 予約 web