水による緊張と電気の要所について勉強した

水圧などについて演習しました。奥深い業者ほど水の扇動は著しく、とび出した水は遠くまでとどきます。おんなじ深さの地方では、どのコースにも等しいがたいの扇動が動くので、ゴム膜の窪みが同じになります。水の水圧(Pa)=10000(N/�u)×水の深さ(m)だ(水による扇動は深さに比例します)。模様にも質量があります。地表はエアの下で、上に起こるエアの重さによる扇動を受けていらっしゃる。そのがたいはほぼ1気圧であり、これは101325≠1013hPaだ。物を水中に混ぜると、その物には浮力と重力が行ないます。わたしたちの体調が浮くのは水中では、わたしたちの体調に働く重力より浮力のほうが広いからだ。次は、電気についてだ。すべての物質は原子からできていらっしゃる。その原子は、+の電気を有する原子核という割り方大きな粒の大群と、−の電気を有する電子というちっちゃな粒からできていらっしゃる。知らないことばかりで勉強になりました。