子どもといった女性と共に近所の整形外科に行ってきた。

長女が耳よりバスケットボールの実践をすると左足の内面くるぶし下が腫れて痛くなってしまったので、近所の整形外科に連れて行った。最初は、鍼灸をやっている接骨院に連れて行こうと思ったのだが、コーチらやプロの保護者からレントゲンを撮ったほうが良いと提議をいただいたので、整形外科にした。自身は業務だった結果、彼女が学童に長女を迎えをめぐって、専ら、整形外科をめぐってもらい、自身は業務を定時であがり、クリニックへ直行した。しょっちゅう混んでいるクリニックで、きのうもとても混んでいた。自身が18内ぐらいに到着したのだが、長女が呼ばれたのは、18内15分ぐらいだった。レントゲンを撮って、医者から「レントゲン冒頭は不具合がない。触診してみるとまだまだ骨が出ている感じがするけど、意外ともない。しいて言えば有痛性外部脛骨疾患という成育痛の一種だが、どうしても気にする無用。痛くなったら面倒しない。」という。ひとまず、ほっとした。持久走系の献立やスプリントの献立は視聴させようと思った。疼痛が再発しなければ、2ウィーク後のフェスティバルには出れそうで安心した。