アイボでなくても似たようなものでオーケー

SONYがひととき何だか止めていたロボット就労を復活させるという号外は、あたいにおいて今季聞いた良い号外の中でも5正規の指には入ると思います。
従前アイボを見た場合これこそソニーの方針だろうと思っていたのですが、売れないとか損とかいう対話は一部始終聞いたことがない中での突然の就労最期が本当に信じれ無かったことを覚えています。
未だにアイボをわが子のように可愛がるというか溺愛始めるご奥さん方法の容姿がテレビで随時漏れるのを見ながら、さぞこういう人達は悲しんでいるのだろうと容赦してしまったものです。
どうしても犬が歓迎なら生犬を飼えばと思ったこともありましたが、それが禁止なのでロボット犬を可愛がるしかないに関してに考えずいてしまうといった、ソニーよこういう自身をやはり済ませろというしかありませんでした。
ですからロボット就労復旧の号外を聞いた場合、真っ先にアイボ歪みの方々の喜ぶ顔つきが見なし浮かび、さっそく新品を予約したいとの電話がかかって来ているのではないかと考えたりしてたまたま失笑した一品でした。
個人的には自在に動けてあのペッパーのかっこ悪さを遥かに飛び越えるきゃしゃさを追求した小物のプロデュースをソニーは第はじめ目標にやるだろうと勝手に考えています。足脱毛