どうして毎回、否定されなきゃいけないの?

今日はお久しぶりにママ友が2人、うちに遊びに来てくれました。今は中学生になったそれぞれの子供が、幼稚園時代からのお友達。出会いは子供のサークルで、年に数回集まりお茶を飲みながらの近況報告会です。ちょうど新しく購入した精米機でお米を精米中にお友達が来たので、自然とその精米機の話題になったのですが…。我が家で無理なく購入できる小さくて比較的安価なもので、一度に精米できるのは5合。その話をしたら、「えっ、たった5合?うちじゃ無理。一日に5合だけで済まないし…。」ふーん。でも、これはうちで使ってるものだから、うちではこれで満足してます。足りなきゃもう一回精米すればいいだけだもん。そういえば前に、うちが車を買い替えた時も、「えっ、1500cc?いくらターボがついてるからって、1500ccって…。」って言われたことがありました。彼女にしてみれば、すべて自分に置き換えて考えているのでしょうが、ケチつけられているようでちょっといい気持ちはしないものですね。私が彼女におススメしているのならともかく、こちらは近況を話しているだけなのに。もしかしたら私も、こんな風に人と話していないかな?と少し考えちゃいました。我が身を振り返るいい機会と受け止めることにします!全身脱毛 おすすめ